妊娠

つわりが辛すぎる…私の乗り越え方をご紹介!仕事や家事はどうするべき?

つわりが始まるとしんどくて何も出来なくなってしまうことも多いですよね。

私も妊娠6週から20週くらいまで、およそ4ヶ月間つわりに苦しみました。

 

そんなつわりを乗り越えるために私が行ったことをご紹介したいと思います。

 

 

 

つわりに効くツボを圧す

つわりに効果があると有名なツボは3種類あります。

内関(ないかん)

消化器系に効果があると言われているツボです。

手首から指3本分のところにあります。

 

 

吐き気、胸やけ、イライラ、動悸、お腹の張りなどに効くと言われているので、つわりの症状が出ている時にはとにかくここ!

 

手にあるツボなので、どこにいても簡単に圧せるのが良い!

 

私もしょっちゅう圧していました!

 

ちなみに、ツボ圧しのリストバンドなんてものもあります。

乗り物酔いやつわりに効くんですって!

created by Rinker
VANGOOD
¥980 (2019/08/22 20:09:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

足の三里(あしのさんり)

万病に良いと言われているくらいたくさんの効果があるツボですが、妊婦さんに良い効果なのは、胃腸やむくみの改善などです。

ひざのお皿のすぐ下の外側にあるくぼみに人差し指を置き、指4本そろえて小指があたっているところにあります。

 

 

自分でも圧せますが、旦那さんに圧してもらうとスキンシップにもなって良いですよ!

 

 

裏内庭(うらないてい)

腹痛に効果があるツボです。

足の人差し指を折り曲げた時に、指の腹が足裏についたところにあります。

 

 

このツボは足の裏にあるのですが、妊娠初期の方やよく子宮が張る方は圧さない方が良いです。

心配な方は、圧しても大丈夫か担当医師に確認してから圧しましょう。

 

 

好きなことを楽しむ

つわり中は出来ることが限られていますが、その中でも好きなことや集中・没頭できることをやると気分が紛れて良いです。

 

私は横になりながらひたすらアニメやバラエティ番組を見ていました。

インスタなどで妊娠・出産レポ漫画を読んだりもしていました!

 

もともとインスタでレポ漫画を読むのが好きだったのもありますが、そういうのを読んでいると自分の出産の勉強にもなるので良いですよ!

本を読むだけではわからなかったことも沢山ありました!

 

 

食べたい時に食べられるものを食べる

つわり中は体調によってご飯が食べられない時もありますよね。

朝・昼・晩と今までの生活リズムと違っていたとしても、食べられる時・食べたい時に食べられるものを食べましょう。

 

私は当時働いていたので、ご飯のタイミングが決まっていました。

そういう場合は、可能であればお菓子などを常備してつまむと良いですよ!

多少胃袋も誤魔化されてくれます!

 

 

自分に合った食べ物を見つける

私は良くカムカムレモンとカリカリ梅を食べていました。

また氷を噛むとひんやり冷たくてスッキリしたので、よく噛んでいました。

 

つわり中は昨日食べられた物が、今日食べると気持ち悪くなっていたというパターンも良くあります。

 

なかなか大変ですが、試せる体調の時に色々試してみると良いですよ!

 

 

寝る

横になって体を休めたり、眠ったりすると少しつわりが和らぐ場合があります。

私はこのパターンだったので、よく寝ていました。

 

吐きつわりの方は枕元にエチケット袋を常備しておくと良いです。

 

 

仕事を休めるなら休む

つわり中の仕事は本当に大変です。

立ち仕事の方は特に辛いのではないでしょうか。

 

仕事は休めるのであれば、休みをもらいましょう。

 

仕事には代わりはいますが、お腹の赤ちゃんのママに代わりはいません。

 

私は本当につわりが辛いときは休んでいました。

会社の最寄り駅まで行ったけど、つらすぎてとんぼ返りしたことも良くあります。

 

ちなみに私は結婚してすぐから1年後くらいに妊活を始めようと思っていたので、あらかじめ休みやすい環境を整えていました。

今から妊活を考えている方は、こういった準備をするのもアリだと思います。

妊娠と仕事の両立。妊活を始める前に今できることを考えてやった結果
今は共働きの世帯も多い時代。 こんなことを思ってしまう人も少なくないの...

 

 

家事は最低限

つわりが始まると仕事はおろか、家事をするのも本当に大変になります。

なかなか手を付けられず、そんな生活が続くと『申し訳ないな』と思うようになってきます。

またつわりがいつ終わるかわからず、気持ちが滅入ってきます。

 

妊娠でホルモンバランスが崩れるため、ただでさえ情緒不安定になりやすい時期。

家事を出来てないことがストレスになる場合は最低限の家事を、ストレスにならない場合は任せられるなら旦那さんに任せても良いと思います。

 

私も結構な量の家事を旦那くんにやってもらっていました。

普段やっている分、こういう時は甘えてみてはどうでしょうか。

 

 

皆が通った道だと言い聞かせる

私がつわりを乗り越えられたのは、これが一番大きいかもしれません。

 

妊娠した人は皆、これを経験している。

皆が乗り越えられているんだから私にも出来るはず。

どれだけ辛くても一生続くわけではない、産んだら終わり!

 

自分で自分をマインドコントロールすることも大事なんだと思います。

しんどい…と思えば思うほど、辛さが浮き彫りになって余計しんどくなると言うか。

 

病は気から…というのも、多少はあるのかな?

無理やり強がってみるのも一つの手です。

 

 

つわりを堪えた先に赤ちゃんが

つわりは辛く大変です。

 

でもこれを乗り越えた先に、可愛い赤ちゃんとの出会いが待っています。

 

私がやってみた色んなつわり対処法を紹介してきましたが、それを試してみつつ赤ちゃんと会えるのを楽しみに過ごすと、少しは楽になるかもしれません。

 

今つわり中の妊婦さん、頑張って!!