妊娠

妊娠したら胸が大きくなる!いつからどんなマタニティブラをつければ良い?

妊娠初期の頃、私はあることに驚きました。

 

 

 

 

妊娠したら胸が大きくなるって本当だったんだー!!!!

 

 

胸が大きくなるのはいつから?どれくらい変わるの?

一般的に、妊娠がわかると徐々に胸が大きくなっていくそう。

5ヶ月で1カップ、10ヶ月には妊娠前の2カップほどサイズアップします。

 

ただこれはあくまで平均的なもの。

私の胸のサイズの変化は、これとはまったく違いました。

 

なんと妊娠初期の間に2カップほどサイズアップしたんです!

 

妊娠したらこんなに大きくなるの!?とビックリ仰天!

最終的に3カップほどサイズアップしました。

 

 

サイズ以外にも胸に変化が!

妊娠したら胸が大きくなるというのはよく聞く話ですが、それ以外にも変化が出てきます。

 

乳首が黒くなって大きくなるんです。

 

女性としてちょっとショック…

でもこれも赤ちゃんのために必要な変化なんです。

 

赤ちゃんは産まれてすぐの頃、まだほとんど目が見えていません。

そんな中、黒色が一番認識できる色なんだって。

乳首が黒くなることで赤ちゃんが見つけやすく、母乳を飲みやすくしているんです。

 

ちなみに、卒乳すると色はもとに戻るそうですよ!

ほっ。一安心。

 

 

胸が大きくなったと感じたらマタニティブラをつける

マタニティブラはいつから着ける?

マタニティブラはできれば妊娠がわかった段階でつけた方が良いそう。

いつまでも普通のブラをしていると、圧迫してしまって胸への負担が増えるんだって。

 

そんなことはつゆ知らず、私は胸が大きくなったと気付いた妊娠3ヶ月頃にマタニティブラを着け始めました。

産後も使えるように、授乳ブラにしました。

 

マタニティブラのサイズは?

一般的には、妊娠6ヶ月頃までは今までのサイズより1~2カップ大きいものを。

それ以降は2~3カップ大きいものを選ぶと良いです。

 

圧迫されていると乳腺の発達を妨げてしまうので、ゆったりしているものがオススメです。

 

マタニティブラの種類

マタニティブラには、ワイヤー入りタイプ、ノンワイヤータイプ、ハーフトップタイプがあります。

また授乳中にも使えるよう、4タイプのフロントの開閉方法があります。

 

・フロントオープンタイプ

カップをフロントから大きく左右に開けることができます。

ノンワイヤーのものが多く、ゆったりしたつけ心地です。

 

・クロスオープンタイプ

フロントでカップがクロスしており、伸縮性のあるカップを下にずらすことで授乳できます。

ハーフトップタイプが多く、楽に授乳できます。

 

・ストラップオープンタイプ

ストラップの部分にホックがついており、そこを外すとカップが前に開きます。

普通のブラジャーと同じような見た目をしています。

 

・ウィンドウオープンタイプ

カップの中心部分だけを開くことができ、授乳中も窓枠の部分がしっかり胸を固定してくれます。

授乳中も胸を支えておきたい人にオススメ。

 

 

人気のマタニティブラ

 

マタニティブラはいろんな種類があって迷ってしまいますが、私はクロスオープンタイプとストラップオープンタイプを使っていました。

 

妊娠中はもちろんのこと、出産を終えた今も使っていて、休みの日やスーパーなど近場ですぐに帰って来るようなお出かけの時はクロスオープン、仕事や遠出する時はしっかり胸を支えてくれるワイヤー入りのストラップオープンといった感じで使い分けています。

 

 

マタニティブラでしっかり母乳の準備をしよう!

赤ちゃんの免疫力や経済面のことを考えると、できれば母乳で育てられたら良いですよね。

そんな母乳を出すための乳腺の発達を妨げないためにも、早い段階でマタニティブラを使い始めることをオススメします。

 

私は妊娠3ヶ月頃からマタニティブラを使っていたこともあってか、産まれてすぐはミルクと母乳の混合でしたが、産後2ヶ月頃から完全母乳に移行できました。

 

やっぱりミルクを買うのと買わないのとではお金のかかり方が全然違ってきます。

ミルク、めっちゃ高いもんね…。

 

ミルクを作る手間も省け、赤ちゃんがお腹を空かせた時にさっと授乳できるのも楽チンですよ!